>
ルジャと町の鐘楼
東側のプロッチェ門から街へ入り・・・
ルジャと町の鐘楼
1272709766fotol109 1272712140fotol164 1272872864fotol212 1272872959fotol140 1272872985fotol112
ドミニコ会修道院の南側、城壁との間の道を進み、アーチ形天井の税関の門を通り抜けると、旧市街の中心地、ストラドゥンへ入ります。
門の上には、15世紀の古い尖塔ルジャが立っており、1952年に改築されています。その横に、1444年に建設された、時計のある鐘楼がそびえています。鋳造職人イワン・ラブリャニンが1506年、大きな鐘を製造し、また同時に、槌で鐘をたたいて時を知らせる、青銅の“ゼレンツィ”が造られ、人々に知られるようになりました。1667年の地震で損傷を受け、崩壊の危険があったため、1929年、新たに同じ形の鐘楼が建設され、ゼレンツィは、複製となりました。今日、ゼレンツィのオリジナルは、スポンザ宮殿の広間で見られます。
カレンダー
イベント
   
Info 案内所
 
Pile
Brsalje 5
T 020 / 312-011
[email protected]
業務時間:
月曜日 - 土曜日: 08:00 - 19:00h 
日曜日: 09:00 - 15:00h 

Gruž Obala I. Pavla II, 1
T 020 / 417-983
[email protected]
業務時間:
月曜日 - pet: 08:00 - 15:00h
土曜日: 08:00 - 13:00h
日曜日: 閉じました

Hello dear Visitor!

Tell us what you think about your stay in Dubrovnik!

Take the poll
Knez1